2010年06月16日

<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)

 宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が拡大している問題で、県は11日、新たに感染疑い例が出た宮崎、日向両市と、西都市の農家の家畜はいずれも陽性だったと発表した。3市は同日夜までに殺処分、埋却作業を終えた。

 宮崎市は1325頭の養豚農家。日向市は349頭の肥育牛農家。西都市は550頭の肥育牛農家。県は3農家を中心に新たに移動・搬出制限区域(半径10キロ・同10〜20キロ)を設定する。

 宮崎、都城市などでは11日から県教委、市教委所管の文化・スポーツ施設を一斉に休館する措置を取った。県施設は図書館、博物館など5施設。宮崎市も総合体育館など66施設を閉鎖するが、このうち、夏の甲子園の県大会会場の一つとして予定するアイビースタジアムがある生目(いきめ)の杜(もり)運動公園も「発生農家に近く、感染防止を考慮した。高校野球は使えないだろう」と話した。

    ◇

 農林水産省と県は11日、西都市と川南町の2農家で新たに感染疑いのある牛が確認されたと発表した。286〜287例目。1425頭は殺処分される。いずれもワクチン接種をしていた。【石田宗久、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
口蹄疫:篠原副農相が宮崎入り
口蹄疫:宮崎深刻、感染さらに拡大 西都や木城でも

授業中、女子高生が同級生に刺され重傷(読売新聞)
<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
JR貨物はねられ女性死亡、10万人影響 京都(産経新聞)
菅内閣支持64%、「脱小沢」評価…読売調査(読売新聞)
posted by サセ セイジ at 18:20| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

覚醒剤密輸で無罪主張の被告に有罪 大阪の裁判員裁判(産経新聞)

 中国から覚醒(かくせい)剤約700グラムを密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪に問われたタクシー運転手、石田正昭被告(37)の裁判員裁判の判決公判が31日、大阪地裁であった。

 細井正弘裁判長は「共犯者の供述などから、覚醒剤を運んだ事実が認定できる」として懲役8年、罰金500万円、追徴金約3100万円(求刑懲役11年、罰金500万円、追徴金約3100万円)を言い渡した。

 覚醒剤は押収されておらず、石田被告は「中国で運搬を断った」と無罪を主張したが、細井裁判長は「共犯者と連絡を取り合って航空券を購入した事実と明白に矛盾する」と指摘。覚醒剤が税関で発見されなかった点も「不合理とはいえない」と判断した。

 判決によると、石田被告は平成21年5月14日、中国から関西国際空港に覚醒剤687グラムを持ち込み、検査場を通過させて輸入。共犯者2人の覚醒剤約1・8キロは空港で発見された。

【関連記事】
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中
赤野死刑囚、密輸図った覚醒剤 出所は北朝鮮?
赤野死刑囚が中国で家族と面会か 連絡待つ日本側

鳩山総理辞任 渡部恒三氏「(小沢氏も)観念した。満点だ」(産経新聞)
全国で30人追加提訴=原告、首相辞任に「困惑」―B型肝炎訴訟(時事通信)
帆の完全展開、8日以降に=宇宙ヨット「イカロス」―宇宙機構(時事通信)
<菅首相>組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ(毎日新聞)
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)
posted by サセ セイジ at 21:26| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)

 日本新薬はこのほど、今年3月期(昨年度)決算を発表した。主力品の前立腺肥大症治療剤エビプロスタットが66億円(前年度比11.4%増)と、売り上げを伸ばしたことなどから、医薬品事業の売上高は522億円(3.6%増)となった。また、スイスのアクテリオン社に導出した肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療剤NS-304のライセンス契約に基づく工業所有権等収益が減少したことなどから、全体では売上高629億円(0.2%減)、営業利益65億円(14.4%減)、経常利益68億円(15.6%減)、純利益41億円(9.0%減)と減収・減益になった。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 その他の製品については、花粉の飛散量の減少でアレルギー性鼻炎・結膜炎治療剤リボスチンが12億円(42.8%減)と大幅に減少。また昨年、日本イーライリリーと締結した勃起不全(ED)治療剤シアリス(成分名=タダラフィル)と、タダラフィルのPAH、前立腺肥大症(BPH)に伴う排尿障害の適応症に関するライセンス契約に基づき、7月から日本新薬が単独販売したED治療剤シアリスが18億円と、売り上げに寄与した。

 今年度の医薬品事業では、シアリスが年間で寄与することにより、売り上げを30億円と予想。昨年12月に販売を開始したタダラフィルのPAH治療薬アドシルカは、昨年度売上高約1億円から今年度は8億円を見込む。また、BPHに伴う排尿障害の適応症については現在、国内で日本イーライリリーがフェーズ3試験を実施している。

 このほか、エビプロスタットが67億円、粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤ガスロンNが45億円など、主力品の維持などにより、全体の売上高は647億円(2.8%増)と増収を見込んでいる。一方、利益面ではNS-304のライセンス収入の予定がないことなどから、営業利益53億円(18.0%減)、経常利益57億円(16.0%減)、純利益37億円(9.7%減)と減益を予想している。


【関連記事】
1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
主力品が好調で医薬品関連事業が増収―持田製薬
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益

看護教育の臨地実習、「実習領域を選択制に」との声も(医療介護CBニュース)
閣僚の首相擁護発言相次ぐ…「5月決着」断念(読売新聞)
中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ−神奈川県警(時事通信)
医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)
posted by サセ セイジ at 09:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。